【動画あり】優勝候補フランス、ハンガリーと引き分け…グリーズマン弾で追いつきドロー


現地時間19日、EURO(ユーロ)2020はグループFの第2節が行われ、プスカシュ・アレーナ(ハンガリー)でハンガリーとフランスが対戦した。

初戦でドイツとの優勝候補同士の大一番を制したフランスと、前回王者ポルトガル相手に0-3の大敗を喫したハンガリー。満員の観衆が詰めかけたブダペストのプスカシュ・アレーナで、初勝利を狙うハンガリーが立ち上がりからフランス相手にインテンシティの部分で引けを取らない戦いを見せる。

それでも、徐々にペースを握っていくフランスは14分、ベンゼマのシュートをGKグラーチがはじき、こぼれ球をグリーズマンが詰めるもこれはオフサイドポジション。17分には、ディーニュの左クロスを中央に飛び込んできたムバッペがヘディング。完全にフリーでのヘディングだが、これはゴール右へと外れる。

フランス攻勢のまま迎えた飲水タイムの26分、ハンガリーはキャプテンマークを巻くアーダム・サライがニコリッチとの交代を余儀なくされる。

攻めるフランスは31分、グリーズマンからの浮き球パスに抜け出したムバッペがエリア内右からヒールで中央に落とし、走り込んだベンゼマがボレーで捉える。しかし、上手くミートできずこの決定機をゴール右へと外してしまう。

33分にはペナルティーエリア手前右でボールを受けたムバッペが仕掛けてエリア内に侵入。そのまま右足を振り抜くが、このシュートはゴール左へ。36分にはエリア内右に侵入したポグバが角度のない位置からシュートを狙うも、枠を捉えることができない。

攻勢を続けるフランスだが、ハンガリーも球際の勝負では譲らない。粘り強い守備で守勢の時間帯を耐えると、迎えた前半終了間際、左サイドでサイドチェンジを受けたフィオラが頭で中央に繋ぐと、ロランド・サライがダイレクトでDFラインの上へ。抜け出したフィオラに対し、追いすがるヴァランはPKを恐れて後ろからチェックに行けず。GKロリスとの1対1で冷静にニアへシュートを沈め、ハンガリーが1点をリードして試合を折り返した。

終始攻勢に試合を進めながらも、先制を許して後半を迎えたフランスは57分、ラビオを下げてデンベレを投入。すると直後、カウンターから右サイドでボールを受けたデンベレがドリブルで仕掛け、鋭い切り返しでエリア内に侵入。右足を振り抜くと、強烈なシュートが右のポストを叩いた。

迎えた66分、GKロリスからのロングボールを起点にカウンター。エリア内右でボールをキープしたムバッペがゴール前に折り返すと、オルバンが触ってこぼれたボールをグリーズマンが押し込み、フランスが試合を振り出しに戻した。

76分、シェーフェルに代えてチェリを投入したハンガリーに対し、フランスもポグバとベンゼマを下げてトリッソとジルーを投入。追いつかれたハンガリーだが、動揺する様子は見られず、高いインテンシティを維持してタレント集団と渡り合う。

82分には、エリア内で鋭いクサビのパスを受けたジルーの落としを、エリア内左で受けたムバッペが素早くシュートまで持ち込む。しかし、これはGKグラーチが素晴らしい反応ではじき返した。

逆転したいフランスは87分、交代で入ったデンベレが下がり、レマルを投入。猛攻を仕掛けるが、ハンガリーも人数をかけてブロックを固め、勝ち点1の死守を目指す。アディショナルタイムの4分間でもフランスの猛攻を耐えたハンガリーが貴重な勝ち点1を手にし、最終節ではドイツと対戦。フランスは最終節で前回王者ポルトガルと対戦する。

■試合結果
ハンガリー 1-1 フランス

■得点者
ハンガリー:フィオラ(45+2分)
フランス:グリーズマン(66分)

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/f9c381365564221241c3795a39071513695e464d/images/000

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。