大迫勇也が埋められなかった「溝」。ドイツメディアが厳しい原因とは

大迫勇也

1: ゴン太のん太猫 ★

https://news.yahoo.co.jp/articles/564d7955e56dfc1b211f1915adfd77ea48b9682a
2020-21シーズンは大迫勇也(ブレーメン)にとって非常に厳しいものになってしまった。

リーグ戦の出場は24試合だが、そのうちスタメンは7試合にすぎず、途中出場17試合。ベンチが8試合で、出場時間の合計はわずかに752分という少なさだ。
それよりも深刻なのは、リーグ戦で無得点に終わってしまったことだろう。これは大迫が2009年に鹿島アントラーズでプロデビューして以来、初めてのことである。
ちなみにドイツ杯では、準々決勝レーゲンスブルク戦で、チームを1-0の勝利に導く重要なゴールを決めているのだが、結局、シーズンを通してこの1点のみという何とも寂しい結果に終わった。

とはいえ、フロリアン・コーフェルト前監督からの信頼は決して低くはなかった。ドイツ杯のレーゲンスブルク戦では、「ユウヤはチームにとって重要なゴールを決めてくれる」と、称えるほどの存在だった。

むしろ問題はピッチ外にあった。

2018年の加入当初はともかく、時間が経つとともに、地元メディアから大迫は、意思疎通のできない難しい存在として扱われるようになった。
「ボディランゲージができない」「ファンに対して感情表現ができない」という書かれ方をしてきた。
今年1月の移籍マーケットが開いている時期には、「大迫は東京五輪を目指しており、オーバーエイジ枠でほぼ選ばれるだろうから、日本のクラブへ移籍するだろう(つまりブレーメンでは不要)」などと書かれた。
そのたびに、コーフェルト監督はじめクラブ幹部が「大迫はブレーメンに必要な選手だ」と弁明せざるを得なかった。

大迫が地元メディアから「難しい存在」として扱われるのは、ある意味では仕方がないところもある。
大迫はメディア対応を得意としない。あまり好んで喋ることもない。決して愛想のいい選手でも、多弁な選手でもない。
日本人同士であれば、それはそれで個性のひとつだと理解することもできるが、それは海外ではなかなか伝わりづらい。

2020-21シーズンはコロナ対策のため、通常の試合後のミックスゾーンでの取材対応はまったく行なわれなかった。
その分、ブレーメンでは毎週のようにリモートで選手の記者会見を行ない、選手が順番に登場したが、シーズンを通して、大迫は一度もその会見に登場しなかった。

それ以前から、ドイツ人記者が大迫のコメントが欲しいシーンで、大迫がノーコメントを貫くということがあった。
意思疎通できる選手に対しては、意思疎通できない選手に比べて好感を持つのは、自然なことかもしれない。そのうちに大迫が厳しく書かれることが増えていった。

大迫がドイツ語を話せないわけではない。かつては活躍した試合の後、自分からドイツ人記者たちの前に出て話をすることもあった。
加入した当初はドイツ語でクラブの動画撮影に応じており、コミュニケーションはできるのだ。
だが現在、地元メディアは「大迫は2部の予算では高給すぎる」と書く。

今後について大迫自身は、「フォワードで使ってくれる欧州のチーム」を第一希望としているが、日本のクラブも含めてどうなるかは「わからない」と言う。
2022年まで契約の残るブレーメンで、新監督がフォワードで起用してくれるという目途がたてば、残留という可能性もあるが、まずはブンデスの1部でチームを探すことになるのだろう。

いずれにせよ、今シーズンは見ることができなかった得点を、早いタイミングで期待したいものだ。

了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko

3: 名無しさん@恐縮です
なんでメディア対応しなくなったかの理由まで取材して書いてくれよ

 

4: 名無しさん@恐縮です
見てると典型的なコミュ症だろコイツ
早く日本に帰った方がいいぞ

 

5: 名無しさん@恐縮です
>「ボディランゲージができない」「ファンに対して感情表現ができない」という書かれ方をしてきた。
鎌田も同じ叩かれ方をしてるから活躍しても基本的に同じ扱い

 

6: 名無しさん@恐縮です
>>5
・叩かれ度が違う
・称賛の数がまるで違う

 

7: 名無しさん@恐縮です
ドイツ語できるのにあんま話さないのか

 

8: 名無しさん@恐縮です
これで鎌田もフランクサポに叩かれてるね
向こうでは大事なことらしい
プレミア行っても同じままならもっとやばいかも

 

9: 名無しさん@恐縮です
乾なんて監督から「簡単な言葉でさえ話せないから何考えてるか分からないとまで言われてたぞ」

 

38: 名無しさん@恐縮です
>>9
たかしそれはアカンわぁ

 

12: 名無しさん@恐縮です
JAP FWいらねぇ

 

13: 名無しさん@恐縮です
ドイツ選手ってメディア対応下手そうなイメージだけどそんなことないのか

 

14: 名無しさん@恐縮です
そりゃあ、毎試合やったこともない中盤の各ポジションでプレーさせられ、そのポジの感覚を掴む前にまた違うポジをさせられるの繰り返しで活躍するほうが難しいてる
なのにメディアはゴールしていないと採点を低くするし

 

17: 名無しさん@恐縮です
ハンパねえも薄れたがまだまだいけるぞ。早く帰ってこい!

 

20: 名無しさん@恐縮です
各選手がリモートで会見してる中、それを大迫だけしないってのはプロ意識が欠けているとしか言えない
そら地元ファンから愛されないわ

 

21: 名無しさん@恐縮です
メディア対応なあ……

 

22: 名無しさん@恐縮です
プロなら当たり前なような。日本に来てる外国人選手だって
簡単な日本語喋るだけで人気全然違うじゃん

 

23: 名無しさん@恐縮です
チームの流れがいい時はポストで茶を濁せるけど
大迫が致命的なのはドリブルがない
悪い流れの中でのボールを自ら運べない

 

24: 名無しさん@恐縮です
何をどうこう言ってもシーズンノーゴールの選手が評価される訳ないと思う

 

25: 名無しさん@恐縮です

というか実際にはドイツ語どのくらい喋れるんだろうね、大迫

昔ドイツで高原がちゃんと通訳なしにドイツ語で試合後インタビュー受けてるの見て感心した

 

26: 名無しさん@恐縮です
現地メディア嫌われてたんじゃないの?
反省しろよドイツ人

 

28: 名無しさん@恐縮です
もうトシだろ

 

29: 名無しさん@恐縮です
半端なかったのにな

 

引用元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1622154677/

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。