長友佑都の後継は誰か?タジキスタン戦で露呈した「左サイドバック」の人材難

長友佑都

1: 首都圏の虎 ★

やはり長友頼み!?

6月7日に行われた2022年カタールW杯アジア2次予選の日本対タジキスタン戦は、日本が橋本拳人(27)や川辺駿(25)の代表初ゴールで4-1と勝利した。

すでに日本は最終予選進出を決めていたためメンバーを大幅に変更。吉田麻也(32)、酒井宏樹(31)のベテラン2人は五輪代表に参加したため不在で、長友佑都(34)もベンチから戦況を見守った。

このためチグハグな試合運び、さらには2次予選で初めて失点したことで厳しい論調もあった。

そのエクスキューズとしてタジキスタンは最終予選進出の2位争いをしているチームであり、ミャンマーやモンゴルとは“格”が違うこと、日本はDF陣のメンバーを総入れ替えしていることが指摘された。

たぶん新型コロナウイルスの影響だと思うが、日本が98年フランスW杯に初出場して以来、W杯2次予選がこれだけ注目を集めたのは初めてだろう。

例えば前回は、初戦のシンガポールにホームで0-0と引き分けたことで、ハリルホジッチ監督(69)は批判の矢面に立たされた。

しかしその後はカンボジア、アフガニスタン、シリアに連勝し、2次予選は7勝1分け0敗の無失点で最終予選に進出した。「アジア2次予選は勝って当たり前」であり、失点したかどうかなど問われなかった。なぜなら日本にとって2次予選は通過点だからだ。

激戦の右SB
ところが今回は違った。前述したようにコロナウイルスの影響かもしれない。海外からチームを受け入れて試合をすることが難しい状況にある。

このため2次予選でも世間の耳目を集めた。実際、W杯予選で来日したキルギスはコロナウイルスの検査で陽性反応の選手が1名いて、濃厚接触者にGK3名を含む5名の選手が該当したためモンゴル戦はDFがGKを務めたものの、最下位のモンゴルに0-1で敗れた。

日本は「勝って当たり前」の試合で初めて失点したこと、主力3人が五輪代表で不在だったこと、そのため新しい選手が起用されたことで注目度が高まった。それはそれで、話題として取り上げられたことは歓迎すべきかもしれない。

そしてタジキスタン戦で明らかになったのは、右SBは競争が激化したが、相変わらず左SBは人材不足ということだった。

右SBには今回、五輪代表に加わった酒井というフィジカルコンタクトに長けた選手がいる。イタリアのボローニャで活躍する冨安健洋(22)も、「どこでプレーしても決まり事があるが、CBは負荷がかかる。僕はサイドバックの方が向いていると思う。より自由度があるから」と右SBでのプレーを希望しているほどだ。

人材不足の左SB
さらに6月3日の日本対U-24日本の試合では、開始早々にアグレッシブな突破で旗手怜央(23)をかわしてクロスを送るなど先制点のきっかけを作った室屋成(27)、そしてタジキスタン戦では古橋亨梧(26)の先制点、南野拓実(26)の決勝点の起点となり、橋本のゴールをアシストした山根視来(27)と人材は豊富だ。

その一方で、なかなか後継者がいないのが左SBだ。タジキスタン戦ではベテランの佐々木翔(31)が起用されたものの、前半から左MFの原口元気(30)とパスの呼吸が合わず、ボールがタッチラインを割るシーンが目立った。代表レベルの試合ではありえないプレーである。

佐々木は、広島ではキャプテンを務め、3BKの左として堅実なプレーをしているものの、インターナショナルなレベルで戦うには荷が重い。にもかかわらず彼を招集しなければならないのは、森保一監督(52)が広島出身という身びいきではなく、それだけ左SBは枯渇しているからではないだろうか。

このためタジキスタン戦では佐々木と交代で生粋のレフティー小川諒也(24)が起用された。現状では佐々木と小川、そしてU-24日本では旗手怜央と古賀太陽(22)が左SBの候補だが、マルセイユで出番を失っているとはいえ、長友佑都の牙城を崩すほどの守備力と豊富な運動量は見せていない。

タジキスタン戦は左足内転筋に違和感を覚えた大迫勇也(31)がメンバー外になった。彼と長友の代役捜しが来年のカタールW杯以降の課題となることは間違いない。そのための準備はすでに始まっている。果たしてその期待に応える選手がセルビア戦とキルギス戦で現れるのか。それが6月の2試合の楽しみでもある。

https://news.yahoo.co.jp/articles/45e4db5d25364aa6b9cadd7fcb49ff44e207b940
no title

2: 名無しさん@恐縮です
佐々木で確定

 

4: 名無しさん@恐縮です
そりゃ後継者は佐々木に決まってんだろ

 

5: 名無しさん@恐縮です
>シンガポールにホームで0-0
この頃はほんと悪夢だったな
守備システムを構築できてないから攻撃も噛み合わなかった

 

7: 名無しさん@恐縮です
山中しか居ないだろ

 

8: 名無しさん@恐縮です
フロンターレですらここは三十路の登里と車屋だからな

 

9: 名無しさん@恐縮です
とりあえず板倉か冨安でいいよ
センターバックの人材は結構出てきてるし
サイドバック専門は他で通用しなくて落ちてきた系が多くて不安

 

12: 名無しさん@恐縮です

佐々木だけは無いが、馬鹿なポイチは広島閥で選ぶだろう

理由は本物のバカだから

 

17: 名無しさん@恐縮です
タジキスタン相手に露呈するほどなのか…

 

18: 名無しさん@恐縮です
3バックにすればSBの人材不足は解決するけど

 

19: 名無しさん@恐縮です
長友なんか駄目だぞ、見てないんだろ…

 

21: 名無しさん@恐縮です
遠藤の代わりがいないって言ってたのと大差ない
今も遠藤重要だが

 

26: 名無しさん@恐縮です
もう酒井高徳でいいよ長友なら

 

27: 名無しさん@恐縮です
今の日本代表の攻撃スタイルは、小さい攻撃要員SBをそれ程必要としてない

 

28: 名無しさん@恐縮です
冨安サイドバックで植田をセンター

 

30: 名無しさん@恐縮です
長友35歳くらいだろ
運動量が求められるサイドバックは無理

 

31: 名無しさん@恐縮です
全てを兼ね備えたサイドバックって万能FW並にハイスペックじゃないと無理
しかも左って世界でも数えるほどしか居ない
そもそもそんな能力あるならサイドバックで使うには勿体ないから他で使う

 

32: 名無しさん@恐縮です
とりあえず高さ無いと呼ばない感じ
例外は長友だけ

 

34: 名無しさん@恐縮です
都並の時代から人材難のポジション。

 

35: 名無しさん@恐縮です
佐々木はやめて一気に広島感出るから

 

37: 名無しさん@恐縮です
もうサントスみたいなん入れとけ

 

40: 名無しさん@恐縮です
ケンブリッジ飛鳥でOK

 

42: 名無しさん@恐縮です
途中から出てきたピンクの髪のやつ何もしてなかったよな

 

45: 名無しさん@恐縮です
最悪冨安いるからいいけど、何にしても長友の後継者探さないとなぁ

 

47: 名無しさん@恐縮です
酒井昌子吉田富安でおk

 

48: 名無しさん@恐縮です
鳥栖の中野

 

49: 名無しさん@恐縮です
>>33
もうレギュラー組の左MFは原口じゃなくて南野だぞ

 

51: 名無しさん@恐縮です
ロベカルみたいの呼んでくりゃいいじゃん

 

54: 名無しさん@恐縮です
そんなに長友の後継者が欲しいなら、明本呼べよ

 

59: 名無しさん@恐縮です
佐々木の本職ってCBだからな
攻撃力不足は否めない

 

62: 名無しさん@恐縮です
でかいサイドバックじゃないとベルギー戦みたくなる

 

69: 名無しさん@恐縮です
宮市奇跡の復活を期待したい
サイズもあってヘディングも強い宮市復活せんかな

 

70: 名無しさん@恐縮です
ブンデスで長年やってた豪徳だな
外人慣れしてる
カタールは来年やし

 

74: 名無しさん@恐縮です
ゴートクしかおらん

 

76: 名無しさん@恐縮です
富安が走りまわれる年齢の間はSBやらせりゃいいじゃん

 

77: 名無しさん@恐縮です
昌子はダメなの 壊れて戻ってないの

 

80: 名無しさん@恐縮です
左に酒井
右に冨安でいいじゃん

 

81: 名無しさん@恐縮です
長友と高徳って今のA代表だとどっちが使えるんだろうな

 

83: 名無しさん@恐縮です
長友の後継者は長友である

 

85: 名無しさん@恐縮です
30歳以上しかいないオワコン全日本

 

86: 名無しさん@恐縮です
最初は叩かれてたが長友スタメンでゴリが控えになってたからなあ
長友はなかなかしぶとい

 

89: 名無しさん@恐縮です
佐々木は3バックの左なら良いんだろうけど、そんな限定的な役割しか出来ませんに1枠割くのはちょっとな…

 

92: 名無しさん@恐縮です
まあいないならフォーメーション変えればいいんだけどな

 

引用元: “https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1623381033/”

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。