<森保監督>MF三笘薫の抜擢が〝ずれ込んだ〟理由説明!「所属チームで成長してくれるのが先決」

森保一
1: Egg ★

サッカー日本代表の森保一監督(53)が、待望論が強かったMF三笘薫(24=サンジロワーズ)の抜てきが11月になった理由を説明した。

三笘は16日にカタールW杯アジア最終予選オマーン戦で後半から投入されてA代表デビューを飾ると、左サイドから再三鋭いドリブルで突破を図り日本に流れを引き寄せ、MF伊東純也(ゲンク)の決勝ゴールをアシストする活躍を見せた。

まさに救世主となった三笘だが、川崎でブレークした昨季から待望論が沸き起こっており、もっと早いタイミングでの招集を指摘する声もあった。

24日にオンラインで取材に応じた指揮官は「みなさん三笘のことをすごく推されている方も多いが、彼の活躍は見ているしわれわれもずっとしっかり追っているし、どういう成長をしているか見ながら招集している」としたうえで、11月まで登用が〝ずれ込んだ〟理由をこう説明する。

「9月、10月の時点で彼は(所属クラブで)先発出場がゼロだった。途中から出場して10分くらいとか。なので、まずは所属チームで成長してくれるのが先決だと」と初の欧州挑戦となったサンジロワーズで地位を確立することを優先させた。クラブでの活躍が代表での活躍につながるという考えからだ。

その後三笘はハットトリックを達成するなどクラブで大活躍し先発の座も勝ち取った。「11月の活動に向けてはスタメンで活躍できていることが確認できたので、自信を持って代表に来てもらえるんじゃないかと。サンジロワーズはトップを走っているチームで、そこで出て欧州でもやっていける自信を持ち、彼も自信を持ってプレーできる」と強調。三笘が欧州で結果を出し絶好調に達した〝最高のタイミング〟で抜てきし、それがオマーン戦での大活躍につながったというわけだ。

森保流の〝深謀遠慮〟が三笘の代表でのブレークを引き出したと言えそうだ。

東京スポーツ 11/24(水) 16:53
https://news.yahoo.co.jp/articles/039fff978398efe948abfa6cb51cf153c198b1f9

写真
no title

9: 名無しさん@恐縮です
>>1
川崎でバリバリだった頃も五輪で干し続けてただろ

 

12: 名無しさん@恐縮です
>>1
ほんならオリンピックの時はなんやったんや、おかしいやろ。

 

52: 名無しさん@恐縮です
>>1
まだ線が細いもんな

 

4: 名無しさん@恐縮です
ならば当時無所属だった長友は何故重用したのかと

 

5: 名無しさん@恐縮です
それで調子の悪い選手を使うのはなんでなんだよ?

 

6: 名無しさん@恐縮です
これは名将

 

8: 名無しさん@恐縮です
いや南野に同じこと言って控えにしろよ

 

10: 名無しさん@恐縮です
もういいから
早く退任してくれ

 

13: 名無しさん@恐縮です
それだと大迫、南野、田中碧、浅野あたりも出られなかったはず

 

14: 名無しさん@恐縮です
言い訳すら成長しない監督

 

75: 名無しさん@恐縮です
>>14
ビビってるだけなんよ

 

16: 名無しさん@恐縮です
別にいいんじゃねーの代表の扱いこれで
何人も無理して出して壊れてきたの見てきたし

 

17: 名無しさん@恐縮です
うおおおお
さすが森保さん

 

引用元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1637752396/

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。