【動画】いきなり魅せタケ久保、怒涛のドリブル突破…マジョルカ復帰戦

久保建英

14日のラ・リーガ開幕節、マジョルカは本拠地ソン・モッシュでのベティス戦を1-1のドローで終え、勝ち点1を分け合っている。MF久保建英は61分から出場を果たした。

前日のバレンシア対ヘタフェ(1-1)でついに開幕したラ・リーガ。この一戦が今季初めて行われる土曜の試合となる。マジョルカのルイス・ガルシア・プラサ監督は4-3-3のシステムを使用し、新加入選手では元ヘタフェのアンヘル・ロドリゲス、元ウエスカ(所属元はシュトゥットガルト)のマフェオをレギュラーとして起用。東京五輪を戦い、11日にチームに合流したばかりの久保はまず、ベンチから試合を見守ることになった。

試合は予想通りに、ペレグリーニ監督率いるベティスがボールを保持して攻め込み、マジョルカが堅守速攻で応戦する展開に。マジョルカのコンパクトな守備はベティスの攻撃をしっかりと封じ、カウンターから深く食い込む攻撃を実現していった。そうして、先制点が生まれたのは25分のこと。ダニ・ロドリゲスのスルーパスに反応した左サイドバックのブリアン・オリバンがサイドからペナルティーエリア内に切れ込んでボールを受けると、精度の高いシュートでネットを揺らした。


【動画】いきなり魅せタケ久保、怒涛のドリブル突破…マジョルカ復帰戦
引用元:https://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/mallorca-kubo-liga-20210814/5e8hjz2c8bk71vk31hiumsc30

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。